慰謝料請求に伴う借金を同時廃止し免責決定できた事例

慰謝料請求に伴う借金を同時廃止し免責決定できた事例

依頼者 男性 会社員
 

ご相談の経緯

 11月に依頼を受け、翌年3月に申立を行い、8月に免責されました。負債総額は1000万円で、消費者金融を中心に負債がありました。依頼者はもともと勤めていた会社で不倫をしており、慰謝料請求をされたことが理由の借金をしていました。また、社内不倫であったため、会社を退職せざるを得ない状況となり、転職後は収入が下がってしまったため、借金の返済ができなくなってしまいました。

当事務所の対応

依頼者の妻には申立のことは秘密にした状態で進めていたので、裁判所の求める妻の資料の提出に苦慮しましたが、他の代わる資料を提出するなどして対応しました。

ポイント

慰謝料が理由以外の借金もあった為、裁判所からは浪費を疑われ、一時は管財事件移行の旨を言われましたが、真摯に説明し、なんとか同時廃止で進めて免責を貰うことが出来ました。
初回相談料0円 まずはお気軽にご相談ください。TEL:0568-86-9178 受付:平日9:00~17:30 相談:平日9:30~21:00 ※土日祝日応相談

メールご予約

LINE

  • 個人破産を弁護士に依頼するメリット
  • 法人破産を弁護士に依頼するメリット